調光ロールスクリーン・カーテン施工

0

     

     

    今回は高層マンションにて調光ロールスクリーンとカーテンを納めさせて頂きました。

     

     

    リビング・ダイニング

     

     

     

    L字型の大きな掃き出し窓には調光ロールスクリーンをお取付させて頂きました。

     

    このような入隅での施工の場合ではスクリーンとスクリーンの隙間をいかに無くすかを気を付けて寸法を決めますが、ほとんどのメカ商品はヘッドボックスよりも生地が内側に入るので、構造上どうしても隙間が開いてしまいます。

     

    その他にも突きつけ施工の場合、気を付けなければならないのが、隙間から気になるお外からの視線です。

     

    今回はお隣にも高層マンションが接近して建てられていたので、お向かい側の掃き出し窓のスクリーンを基準に寸法決め致しました。

     

     

    上写真の赤○の窓側からはお向かいのベランダが見えます。

     

    緑○の窓側からは素敵な景色のみが眺望できます。

     

    突きつけ施工の場合、緑○側のスクリーンを基準にスクリーン同士を重ね施工すると、赤○側のスクリーンの左側に隙間がうまれ、お向かいからお部屋が見えてしまうのではないかと、お客様に対して不安なお取付けになってしまいます。

     

    赤○側のスクリーンを基準に寸法決めすると、隙間が無く、お向かいからこちらは見えない状態になります。

     

    一方、緑○側のスクリーン右側には数センチの隙間が生まれてしまいますが、向かい側には建物が無いため視線は気になりません。

     

    (基本、数台に分けてメカモノを納める時は、窓枠のサッシに合わせて納めることが多いので、メカとメカの間に隙間ができていてもサッシと重なる事によってお外から屋内は見えない様に施工しております。)

     

    突きつけの施工の場合はメカによって隙間の空き具合が異なるので、事前に施工箇所以外の環境も調べておくと良いでしょう。

     

     

    ダイニングのL字掃き出し窓にも同様、調光ロールスクリーンを突きつけで納めさせて頂きました。

     

    レースの透け感とドレープのスタイリッシュなラインと全体のフォルムがとても近年人気な窓装飾品です。

     

    お問い合わせの際は是非カーテン専門店にてご相談下さいませ。

     

     

    mackie.

     

     


    ウッドブラインド・ドレープカーテン施工

    0

       

       

      今回は新築にてウッドブラインド・ドレープカーテン・ロールスクリーンを納めさせて頂きました。

       

       

      リビング

       

       

       

       

       

       

      スラットは掃き出し窓は50mm、小窓は35mmです。

       

      小窓は窓のサッシの関係で、操作をループ式ではなくポール式にすることでヘッドボクスの納まりを小さくし、サッシとの緩衝を防ぎました。

       

      また掃き出し窓のウッドブラインドは、今後の日常生活で他の場所よりも昇降が頻繁に行われるとのことで、自動降下仕様を納めさせて頂きました。

       

      掃き出し窓のサイズになると重量もあるので、自動降下仕様にすることで、少しでもユーザーさんとブラインドの負担を軽減してくれます。

       

       

      寝室

       

       

       

       

      クロスのアンバー色に合わせスラットはマットウォールナットをご提案致しました。

       

      こちらも腰窓以外の小窓には35mmスラットのポール式を納めさせて頂きました。

       

       

      子供部屋

       

       

       

      お子様のお部屋のカーテンにはフィンランド発の北欧テキスタイルブランド「フィンレイソン」から大きなポピーのデザインカーテンを納めさせて頂きました。

       

      北欧ならではの明るい配色とポピーの柄がとてもかわいらしいカーテンです。

       

      レースカーテンは以前使われていた生地を巾・丈詰めをし納めさせて頂きました。

       

      思い出の生地を再利用することで、永く愛着のある窓装飾になりますね。

       

       

      mackie.

       

       

       

       


      ドレープカーテンお取替え

      0

         

         

        今回はリビング・ダイニングにてカーテンのお取替えをさせて頂きました。

         

         

         

         

         

        カーテン地はフランス第二の都市リヨンから伝統的な紋織物の技術を取り入れた「リヨン織物美術館」シリーズを納めさせて頂きました。

         

        産業・フランス革命時代の余韻も残るリヨンは、ヨーロッパ最大の繊維工業都市として発展してきました。

         

        貴族文化の華やかな時代の収蔵品の中から厳選された柄をもとに、現代のインテリア・窓装飾を彩るファブリックです。

         

        製造は日本なのでご家庭でのお洗濯も可能です。

         

        とても素敵な仕上がりにお客さまもご満悦でした。

         

         

        また、とても張りのあるしっかりと織られた生地なので、プリーツ加工をおすすめします。

         

         

        mackie.


        ドレープ・レースカーテン・ウッドブラインド施工

        0

           

           

          今回はリビング・洋間にてドレープ・レースカーテン・ウッドブラインドをお取付させて頂きました。

           

           

          リビング

           

          Before

           

          以前はバルーンタイプのシングルシェードが納めておりました。

           

           

           

           

          After

           

          個性ある室内の造作との調和と主張を意識した生地をご提案させて頂きました。

           

           

           

           

           

           

           

           

          天井・壁・床それぞれに個性がある際に選ぶカーテンは結構難しいのです。

           

          派手な配色・柄(生地によります)などによっては納める面積が広いカーテンは、主張が強すぎてお部屋との調和が乱れ全てが孤立してしまったり、シンプルな生地を選びお部屋に馴染ませようとすると少し安っぽくなってしまい、周りの造作から浮いてしまう恐れもあります。

           

          この二つを踏まえてお客様のご希望も添えたコーディネートを意識して提案するには経験しかないと思われます。

           

          カーテンはトータルコーディネートそのものなのです。

           

          それらの点を踏まえて、周りの造作に負けない質感と、お客様のイメージと全体の調和を意識した生地をご提案させて頂きました。

           

           

          生地は伝統的な金華山織りでコットンとレーヨンであしらわれたベルベットカーテンを納めさせて頂きました。

           

          ポリエステル素材にはない、上質な手触りと柔らかな光沢が、お部屋全体に調和のとれたドレープ地です。

           

          紋織りで織りだした立体感のある唐草模様はシンプルながらとてもクオリティーの高い仕上がりです。

           

           

          レース地には総柄のトルコレースをご提案させて頂きました。

           

          室内からはもちろん、お庭から観た時も窓辺を素敵に意識したレースです。

           

           

          洋間

           

          お部屋が六角形のように造作されたモダンな空間には圧迫感と軽さを注意しながらご提案させて頂きました。

           

          Before

           

           

          After

           

           

          天井・クロス・腰板など全てに特徴があるこちらのお部屋には、全体の配色に合わせた無地のドレープに、総柄のレースカーテンでモダンかつ華やかな印象を与えました。

           

           

           

           

          プリントや柄の生地はモノによってはお部屋に圧迫感が増すので今回は控えさせて頂きました。

           

          カーテンボックスから仕立てた丈の長いカーテンは、プリーツを綺麗に仕上げることによって美しさと高級感を演出してくれます。

           

          よって無地でも十分に存在感がでます。

           

           

           

           

          ゴールドベージュの糸であしらわれた刺繍レースは床や壁との当たりも柔らかく、更にデザイン性のある仕上がりがお部屋を引き締めます。

           

          お客さまもとても満足されておりました。

           

           

          洋間

           

          クラシックな印象の壁紙がポイントのこちらの洋間には、床や窓枠の配色に合わせ木製ブラインドを納めさせて頂きました。

           

          アクセントとなる壁紙よりも控えめに、これから納まる家具など、お部屋全体に馴染み易いように意識しました。

           

          Before

           

           

          After

           

           

           

          御二階で陽当たりも良好なため、夏場などは木製による熱の伝導率の軽減にも期待できます。

           

          今年もあと約2か月、当店では年内のカーテン割引きを実施しております。

           

          是非ご相談下さいませ。

           

           

          mackie.

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          ダブルロールスクリーン施工

          0

             

             

            今回はリビング・洋間・廊下・トイレにてダブルロールスクリーン・ロールスクリーンを納めさせて頂きました。

             

             

            お写真はリビングになります。

             

             

            以前は正面付けでウッドレールにカーテンが納められておりました。

             

            当初は正面付けでロールスクリーンを取付ける予定でしたが、窓をすっきりさせたいとのご要望もあり窓枠内付けに取付させて頂きました。

             

             

            掃き出し窓

             

             

            出窓

             

             

             

             

             

            お取付の際、手前側からドレープ地が落ちてくるので、ブラケットを約10mm程枠より内側に納めると、ドレープのスクリーンを落とした時、生地が窓枠と面が合うので綺麗に納まります。

             

             

            mackie.


            新築施工

            0

               

               

              今回は新築にてカーテン、タテ型ブラインド、プリーツスクリーン等をお取付させて頂きました。

               

               

              玄関

               

               

               

              お玄関の腰窓には石材の床や玉石に合わせ和モダンな印象を与えるプリーツスクリーンを納めさせて頂きました。

               

              横に長いこちらの腰窓に、プリーツスクリーンのラインがとても美しく清潔な空間を演出致します。

               

               

              和室

               

               

              和室にもお玄関先と同様にプリーツスクリーンをご提案させて頂きました。

               

              こちらは厚手とレースのペアタイプになります。

               

              下方をレース地にすることで、座った時に光を調節しながらお外の景観も楽しめます。雪見障子みたいですね。

               

               

              厚手、全閉時

               

               

              レース全開時

               

               

              小窓

               

               

               

              厚手は壁紙の配色と合わせたグレイッシュな生地をお選びさせて頂きました。

               

               

              リビング

               

               

               

               

              リビングの大きな掃き出し窓3カ所にはタテ型ブラインドを納めさせて頂きました。

               

               

               

              こたらのタテ型ブラインドはドレープ地とレース地が交互に納まっており、日中はドレープを開けた際、レースは閉まる構造になっておりますので、外からお部屋が見えない様になっております。

               

               

              公共施設などで頻繁に見るタテ型ブラインドはレース地が納まっていないので、ドレープ地を開けると生地と生地の隙間から室内が見える傾向があります。

               

              住宅などでタテ型ブラインドをご希望される際は、状況に応じてはこちらのペアタイプをおすすめします。

               

               

              洋間

               

               

              深いネイビーの壁紙が印象的なこちらの洋間には、窓枠や巾木と同系色の木製ブラインドを納め、すっきりとした空間をご提案させて頂きました。

               

              こちらの木製ブラインドは降下時にスピード調整が付いたワンタッチの自動降下式になっております。

               

              動画をご覧ください。

               

               

               

              洋間

               

               

               

              こちらのドレープ地はグレイッシュ系の無地遮光生地になります。

               

              やわらかな膨らみを感じさせる生地にチンツ加工(光沢を出す加工)を施し艶感をもたせました。

               

              夜にはお部屋の灯の具合いで、細やかな表情・質感を持つ生地です。

               

              レース地は以前使われていたトルコ製の刺繍レースを丈直しをして納めさせて頂きました。

               

              当店ではお引越し先の窓寸法に合えば、丈・巾詰めをし長年愛用したカーテンを再利用することができます。

               

              是非ご相談下さいませ。

               

              mackie.

               

               

               

               

               


              ドレープカーテン・カーテンバランス・カーペット施工

              0

                 

                 

                今回はリビングにてドレープカーテン・カーテンバランス・カーペットを納めさせて頂きました。

                 

                 

                 

                リビング

                 

                 

                 

                 

                ドレープ地には川島織物ウィリアム・モリスから「ハニーサクル」を納めさせて頂きました。

                 

                スイカズラの花がつる性の丸みのある細やかな葉の中に見え隠れするデザインです。

                 

                配色も英国製のプリントとは少し異なり、日本家屋にも相性の良い落ち着いた色彩になっております。

                 

                生地もポリエステル100%なのでお洗濯もご自宅で可能です。

                 

                 

                 

                フラットのカーテンバラスとタッセルにはスイカズラの花の配色よりも少し濃いめのワイン色をアクセントにご提案致しました。

                 

                バランスはクラシックになり過ぎず、主張し過ぎず、カーテンのデザインを壊さない様にストレートでシンプルなバランスを。

                 

                 

                 

                カーペットにはお部屋とカーテンの配色に馴染むように、ゴールドベージュとブラウンのミックス糸で仕上げられたシャギータイプ

                を敷かせて頂きました。

                 

                パイル糸が通常のシャギーよりも細いので、見た目の重さもなく、これからの時期足元を暖かくしてくれます。

                 

                 

                mackie.

                 


                変形ブラインド施工

                0

                   

                   

                  今回は洋間にて変形の高窓にブラインドを納めさせて頂きました。

                   

                   

                   

                   

                   

                  通常のブラインドと製品は一緒ですが、昇降が途中までしか出来ないので、基本的にスラットの角度調節で陽をコントロールする使用になります。

                   

                  変形窓でお悩みのお客様は、是非ご相談下さいませ。

                   

                   

                  mackie.


                  トルコレース施工

                  0

                     

                     

                    今回は出窓にてトルコ製レースカーテンを納めさせて頂きました。

                     

                     

                     

                     

                    以前は両開きのレースカーテンが納まっておりましたが、普段レースを開けることが無いとの事でしたので、片開きにしジョイント無しで一枚通しに仕上げました。

                     

                     

                     

                    最初マクラメレースをご希望されておりましたが、お見積り・採寸の際、現場で生地サンプルをあててみたところ、こちらの小花柄の刺繍レースの方が品があって綺麗と気に入っておられました。

                     

                    カタログの小さな生地サンプルやインターネットで生地を選ばれるよりも、現場で専門店のスタッフにアドバイスを聞きながら直接大きい生地サンプルを吊ってみた方がお客様もイメージしやすく納得します。

                     

                    当店では一カ所からはもちろんお客様に納得頂ける提案を日々心がけております。

                     

                    是非、カーテンや窓装飾などは専門店にてご相談下さいませ。

                     

                     

                    mackie.

                     

                     

                     


                    別荘カーテン・シェード・すだれ・ロールスクリーン等施工

                    0

                       

                       

                      今回は山梨県にて別荘のカーテン・シェード・すだれ・ロールスクリーン等を納めさせて頂きました。

                       

                       

                      リビング

                       

                      Before

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      After

                       

                       

                       

                       

                       

                      シェードの生地は川島織物からウィリアム・モリス「いちご泥棒」を納めさせて頂きました。

                       

                      モリスシリーズの中でも一番の人気を誇る「いちご泥棒」は、モリスの別荘である「ケルムスコット・マナー」でいちごをついばむツグミを見て描いたデザインです。

                       

                      まさに別荘にて納めたい生地ともいえますね。

                       

                       

                      ボトムにはキータッセルと裾デザインカットを施し、エレガントな仕上がりにさせて頂きました。

                       

                       

                       

                       

                      掃き出し窓にはシェードと共生地でカーテンバランスを納めさせて頂きました。

                       

                      こちらも裾にデザインカットを入れ、ゴールド色のパイピングを施しました。

                       

                       

                      ウッドデッキが見えるこちらの窓は、以前両開きのカーテンが納められておりましたが、お庭の景観を生かすために、上下に昇降するシェードをおすすめさせて頂きました。

                       

                      ダイニングでお食事の際は、シェードをお好みの高さまで上げることによって、陽の光を好きな位置でコントロールしつつ、座った視線からもお外を楽しむことができます。

                       

                       

                      洋間

                       

                      Before

                       

                       

                      After

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ウィリアム・モリスから「ラーモ」を納めさせて頂きました。

                       

                      モリス特有の渦巻く流れのあるデザインに、葡萄の立体感が深みのある織物に仕上がっております。

                       

                       

                       

                      葡萄の配色に合わせたタッセルがワンポイントアクセントです。

                       

                       

                      洋間2

                       

                      Before

                       

                       

                      After

                       

                       

                       

                      サテン地の光沢感とリング糸のナチュラル感を合わせた、上品な小紋柄のカーテン地です。

                       

                       

                      こちらもアクセントに同系色のタッセルを納めさせて頂きました。

                       

                       

                      洋間

                       

                       

                      こちらの三連窓のすだれは以前から納められていましたが、裾部のすだれが折れていたり、昇降操作が出来なくなっていたので、各メンテナンスをさせて頂きました。

                       

                      すだれの高さの寸法がかなりたっぷりで納められていたので、その場で折れていた部分までカットし、綺麗に裾部を揃えました。

                       

                       

                      吹き抜け

                       

                       

                       

                      階段吹き抜けの小窓にはトルコ製のマクラメレースを納めさせて頂きました。

                       

                      各小窓には無地のロールスクリーンの裾部にレースを施し、無機質になりがちなスクリーンスタイルにクラシックな印象を与えました。

                       

                       

                       

                      空気がよく、自然豊かなこちらの別荘地には鹿の家族も見られました。

                       

                       

                       

                      mackie.

                       

                       


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      PR
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM